結婚指輪の価格 相場

結婚指輪の価格 相場

結婚指輪の価格はいくらくらいが相場なのでしょうか?

 

実は、これは案外と難しい問題です。年代や職業はもちろん、時代や流行によっても変わります。給料の○ヶ月分、というような言い方もありますし、結婚指輪にはあまりお金をかけずに新婚旅行を充実させたいとか、その分のお金を堅実に貯金に回し、マイホームを早期に実現したいとか、結婚指輪に対するそれぞれのカップルなりの考えがあるからです。

 

そうは言って結婚指輪の平均価格もだいたいいくらぐらいなのか、というと、ある調査では夫婦二人分リング2本の総額で多いのは、15〜20万円、次いで10〜15万円、そして20〜25万また同じく25万以上というような価格帯になるようです。さらに大胆に結婚指輪の平均価格を算出すると約19.2万円だそうです。物価が上がるのと同様に、結婚指輪の平均価格も、年々増加しているようです。結婚指輪は毎日身に付けるものではありますが、同時に資産価値といった側面もあり、そういった考え方も平均価格に影響を与えていると考えられています。

 

結婚指輪のデザインですが、最近、特に男性側は、幅細よりも幅広の結婚指輪を志向しているようです。どちらかというと「ファッションリング的感覚」を追求しながらも、意外と堅実な側面を示す若者の好みを反映しているようです。デザインと価格のバランスについても思った以上に配慮する傾向が目立ちます。

 

そのため結婚指輪の分類でも既製品、セミオーダー、カスタムオーダーの順だといいます。しかし最近は、セミオーダーと完全オーダーが増え続けており、夫婦二人だけのオリジナリティを求めるようになってきています。ショップ側もこの傾向をみてとり、既存品をアレンジして価格とデザインのオリジナリティをうまくバランスさせる提案をしてきています。

 

仕事上指輪をはめられない方もいらっしゃいますし、結婚指輪に伴う束縛感のイメージを嫌って、お揃いのペンダントや時計を付けるケースもあります。もともと日本の結婚指輪の歴史は、昭和40年頃から始まったものだと言われています。欧米のマリッジリングを真似たものです。

 

最近は結婚指輪についての情報収集の方法も多様化していますが、女性が結婚情報誌などの雑誌をみながら、男性がインターネットを使って調べて、話し合って決めるという方法が多いようです。結婚指輪の価格やデザインについては、家族や友人の意見も聞くには聞きますが、自分達が納得いくまで調べると同時に、ショップを訪れて自分達だけでその場で決める傾向にあります。