コンタクトレンズ用の目薬

コンタクトレンズ用の目薬

コンタクトレンズ用の目薬は、コンタクトレンズ使用者の必需品です。最近はまたメガネの手軽さやファッション性が見直されていますが、コンタクトレンズによってメガネ生活から離れ、毎日をエンジョイしている人は多いです。コンタクトレンズは広く使用されていることもあり激安で売られていますし、通販で入手することもできます。そんなコンタクトレンズ愛用者にとって欠かせない、コンタクトレンズ用目薬について書きます。

 

そもそもコンタクトレンズというのは、眼球と涙の膜の間に装着して使用するものです。より正しく言うと角膜に接触(コンタクト)するので、コンタクトレンズと呼ばれているのです。これは、ソフトコンタクトレンズでもハードでもコンタクトレンズ同じことです。角膜とコンタクトレンズの間の距離がゼロに近いために、眼鏡に比べると像のゆがみや大きさの変化が少ないので、コンタクトレンズは視力矯正アイテムとして広く受け入れられています。

 

ところがコンタクトレンズにも欠点はあります。それはコンタクトレンズと角膜の間の距離が極端に近いために、眼球の水分を保つちち酸素や栄養素を角膜に運び、代わりに二酸化炭素や老廃物などを流すという涙の役目が十分に機能しないことです。最近のコンタクトレンズは、酸素を透過するタイプが主流ですが、装着しない場合と比べると目に負担があるのは間違いありません。そこで目の乾きや不快感を解消し、涙の役目を果たすものとしてコンタクトレンズ用目薬が存在するのです。

 

ハードコンタクトレンズについては、一般には、レンズを装着したままで目薬をさしても構わないと言われています。しかしソフトコンタクトレンズや、ハードコンタクトの中でも酸素透過性のレンズは、レンズを装着したまま目薬をさすと、目薬成分がレンズ性状に影響を与えることがあります。またレンズに吸収された目薬成分が目に刺激を与える可能性もあります。そのためコンタクトレンズを装着したまま目薬は使用しないほうが良いのです。

 

しかしこれは不便な話です。コンタクトレンズを装着する。目が乾くので目薬をさしたくなる。コンタクトレンズを外す。涙が機能する。では、なんのために目薬が要るのか?という堂々巡りになります。そこでソフトコンタクトレンズや酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着している時でも使用可能な、人工涙液タイプの点眼液(目薬)が生まれてきたわけです。

 

また最近ではコンピューターを使用する方のドライアイも問題となっています。オフィス内の事務系の仕事をしている人の半数近くがドライアイだとの報告もあります。コンタクトレンズ使用者の場合、その程度がさらにひどくなる可能性があります。ドライアイになると目がゴロゴロする、光がまぶしい、目が痛む、視界がかすむなどの症状のほか、目の乾き、視力低下、結膜炎など、目の感染症にかかりやすくなるなどの問題があります。やむをえない場合はコンタクトレンズ用の目薬を使い、時間的な余裕がもてる場合は、コンタクトレンズを外して目を休ませ、普通の目薬を使って目をいたわってください。

 

コンタクトレンズには遠近両用のものや乱視用のもの、使い捨てのものやファッション用のカラーコンタクドであります。アキュビュー、アイシティ、メニコンなどの各メーカーも宣伝に余念がありませんから、自分でコンタクトレンズを使用しなくてもそれらのメーカー名は自然に頭に残っていることでしょう。しかしその一方で、初めてコンタクトレンズを使うのは、付け方もはずしかたもわかりまんし、洗浄液の扱いや手入れの仕方などコンタクトレンズ使用のトラブルを避けるためのさまざまなケアについての知識の習得など、意外と面倒なものでもあります。