お盆入り 迎え火と送り火

お盆入り 迎え火と送り火

お盆入りは、一般的には7月12日から16日のことですが、地方によってそのお盆入りの日はさまざまです。7月 1日とするところもありますし、旧暦の7月にあたる8月に営む場合もあります。それぞれの地域の解釈があるからです。東京、名古屋などでは、7月12日にお盆入りをする風習がありますが、それ以外の地域はおおむね8月の盆入りとなるようです。

お盆は祖先の霊をお迎えする行事です。今は亡き先祖父母が、生家にもどって来てくださるにあたり、どうお迎えしようか?どうおもてなししようか?と知恵と心を寄せ合い、飾り付けをし、お供物をします。12日には盆市が立ち、盆市で精霊棚をかざるマコモ・盆花・オガラ等やお供物を買いそろえます。13日には、精霊棚を作ります。13日の夕方になったら軒先の盆提灯に火をつけて迎え火をたいて祖先の霊を迎え入れる準備をすすめます。精霊棚には果物などを供えるほか、ナスとキュウリに割り箸をさしたもののを牛や馬に見立て、祖霊が乗ることができるようにする風習があります。

14日には、喜びを細く長くという縁起をかついで迎えソーメンを、15日には送り団子を供えます。ちなみに送り団子は、六地蔵に供えるという意味から六個を供える慣わしです。そして百味飯食は、亡き見ず知らずの方に真心をささげることで、社会の中でも、見ず知らずの人々のことも思いやり、親切の功徳を積んでいくことを示しています。

 

お盆の迎え火は、江戸時代から伝えられている風習です。お盆の12日から13日にかけてお供えをして、精霊棚まわりをきちんと整え。13日の夕方になると軒先の盆提灯に火をつけて迎え火とするのが一連の流れです。提灯に火をともすのは、先祖の霊が家にやってくるときの目印となるようにとの意味です。またお盆に帰ってきた死者の魂を現世からふたたびあの世へと送り出す行事として送り火があります。地域ぐるみで行う大規模な、山の送り火、海の送り火もあります。有名な京都の大文字焼きも山の送り火です。海の送り火としては、地域によって行われている「精霊流し」(灯篭流し)という風習もあります。

 

お盆に造花を使用することはタブーだと言われていますが、最近は都市部でマンション住まいの方も多いので、盆棚を簡素化したり迎え火をろうそくで済ませたりすることが多くなっています。お盆の期間は夏休み時期にあたることから、お盆休みとして休みとなる企業や個人的に休みをとる方も多いのですが、実際は単なる里帰りや家族旅行に当てるケースも多いようです。そのためお盆の帰省ラッシュによる混雑や高速道路の交通渋滞も風物詩のようになっています。お墓参りのための帰省がいつの間にか海外旅行やディズニーランドツアーに変わってきました。この機会にと、北海道や沖縄にワザワザでかける方もいます。お盆に合わせて新幹線や宿泊の予約を早くから手配するのはもはや常識になっています。また短期アルバイトの稼ぎ時でもあります。