お葬式での服装

お葬式での服装

お葬式の服装をどうしたら良いか?突然の時には戸惑うものです。お葬式の服装についての決まりごとは当然ありますが、法律で定められているというものではないので、常識に従いながら、弔意を表すことを心がければ大きな問題はないはずです。ご不幸に会われた遺族の方々は、お世話になる葬儀屋さんやお寺、教会などを中心に、また親戚関係の年長者や地域の代表の方などと相談することになります。信仰する宗派や地域によって決まりごとや風習が異なるからです。問題は葬儀に参列する側です。

お葬式の服装といっても、会葬者、関係者、弔問者によって微妙に異なります。一般の会葬者というのは故人の友人、知人、遺族の友人知人など縁故を持った方達。関係者というのは会社や学校の関係、組織などの関係者。弔問者はその他一般に葬儀に参列する方々というような区分です。

 

またお葬式と総称されますが、告別式のほかに通夜も含めて一連の葬儀をお葬式と呼ぶこともあるようです。身内だけでとり行う仮通夜の場合は、特別にあらたまった服装にする必要はありませんが、多くの弔問客を迎えるときは、会葬者は略式喪服を着用します。遺族や近親者、喪主、世話役代表の場合、葬式や告別式では正式喪服を着用します。

 

弔問者の服装

突然の訃報に接して駆けつける弔問者の場合には、通夜では、地味な平服でもかまいません。葬式・告別式の場合は略式喪服を着用します。なお平服といっても、男性の場合には、T-シャツや派手なネクタイは避けて、全体を黒で統一します。白いワイシャツとダークスーツにネクタイと靴下を黒でそろえれば良いでしょう。女性の場合では、黒っぽいワンピースかツーピースとします。スカートではなく、ズボンでも問題はありません。髪型や化粧は派手にならないようにした上で、アクセサリー類もはずします。

学生の場合は、制服が黒であれば男女とも制服を喪服とします。黒の制服がない場合は、男子であれば黒か紺、グレーのブレザーにズボン、白のシャツ。女子は、黒のワンピースか黒か紺、グレーのブレザーにスカート、白のブラウスを着用します。また男女を問わずに、靴下は黒か白をはき、靴は黒靴にします。

 

迷った場合には、冠婚葬祭用に黒のフォーマルスーツをレンタルしてくれるお店などに質問してみれば良いでしょう。レンタルしなくても質問するだけでも問題ありません。

 

 

故人との関わりがそれほど深くなかった人は、通夜には出席せず、葬儀・告別式のみに参列すればよいのです。また都合でどちらか一方にしか参列できない場合には、葬儀・告別式に弔問します。しかし告別式にはどうしても都合がつかないというような場合もあるでしょう。その場合は、通夜に出席して故人とお別れをします。

 

いずれの場合も、細かいルールや服装の問題ではなく、哀悼の意をもって対応することが一番大切です。